読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘棘

鬱の棘を少しずつ刈り取って行く記録

それでもウツは続いていく

初っ端からだが「鬱」なのだ。

 

新型うつだの色々あるが、

 「あぁ、もう会社行きたくねぇ〜」

「早くxxを消してくれよ、俺が鬱になる」

 

 こういう偽物の鬱ではない。

 自分から鬱になるっていう奴はまず鬱にならない。

(2つ目は自分が鬱の原因になった上司が言っていた言葉)

 

医者からも正式に認められたプロのウツなわけだ。

 

自分の場合は

  • 怒りの感情
  • 喜びの感情

感じ方が薄いというのか、興味が湧かない。「ふ〜ん」で終わってしまう。

辛いのを回避するにはどうしたら良いだろうって身体が本能的に感情を殺したんだと思う。

 

自分で自分を殺したわけだ。

この場合は自殺になるのか、他殺になるんだろうか?

 

こんな「ふ〜ん」な奴とずっと話しをしてくれる友人は少なく、その少ない友人は貴重な大事な存在だと思う。

 

薬を飲みながら仕事は続けていたが、12月から休みを取った。

ずっと薬を飲みながら働いてきたけど、胸痛が酷くなるし、仕事はしたいけど会社までの電車に乗れないのだ。来月次第では正式に会社は休職する事になるが、可能性は高いだろう。仕事が嫌いな訳では無いのだが。

 

休めど休めど苦悩は続く

「自分の好きな事をやって、ゆっくり休めば良いよ」というけど、興味が湧かないので何をして良いかわからない。薬も休職用なのか今までより強力な薬になって、動ける日と動けない日の差が出てきている。慣れるまでに2週間〜4週間と言われてるから年末までには落ち着くのだろう。うん。

こんな時間に「よし!ブログを書いてみよう」と思うし。

あ、書いてみようってのはやりたい気持ちがあるって事だから良いんだ。

 

少し休んで落ち着いた事もあって、本も少しづつだけど読めて「こんな話だよ」と言えるようになってきた。末期の時は読み終わった5秒後にどんな内容か覚えられていなかったから。マジで忘れる5秒前〜 ときめきも何にもない。

近くを散歩とか、ストレッチぐらいで抑えて下さいと医者に言われたけど、筋肉が落ちてきているような気がしてならない。休み始めてから1日1食なのだが、期待しているように体重は減らない。

 

苦悩は続くし、何もやってもウツは続いていくのだ。