忘棘

鬱の棘を少しずつ刈り取って行く記録

自分が鬱であること、そしてこれから

 久しぶりにブログを書いてみようと思った。

どちらかというと、これからは書いていこうという、何日この気持ちが続くのか、

そんなことを考えながら、あれからのことを考えてみる。

 

 光が見えて、その方向に進むと吹っ切れて部署異動もハッキリした理由を言えて異動出来たし、復職して4か月、いまのところは鬱も躁の傾向もなし。

 

「鬱だからxx出来ないとか、鬱だから良いよね?」

 

この考えを持っていると、治るものも治らないと思うのです。

 

 twitterを少しやっているけど、違和感があって、それは何かというと

鬱と言いながら、TLははっきりとした言葉で言えている人ほど治ってないなーという印象。働かなくても生活出来ているなら、別に働かなくても良いし悠々暮らしていけば良いと思うし、お金が無くても別に平気なら自分に合った生活をすれば良いと思う。

 

 強制されることではないし、ツイ廃になろうが個人が選択したこと。

 

 「私もそうだよ、分かるよ。同じだから休みましょうよ」と流れるTLを見る度に

「も」って何だと思ってしまう。治っていない人に私もと言われると、この考え方だと治らないんだなと思って、そういう考えることを止めて、自分の場合は良くなったのだと思う。

 

 気を付けていることとしては、

 ・辛いと思ったら、一度辛いと思うことをやめる。それでも辛いなら休む

 ・自分のやっていることに違和感を感じてきたら、紙に書いて頭の中のことを書き出す

 ・言ってどう思われるかと考えない(何を言っていい訳ではない)

 

 最後のは、毎日の訓練だしキツイですよ。今の部署のメンバーは自分以外20代だし、羨ましくもたまに思ったりする。

ただ、キツイことから逃げすぎては何も変わらないし、立ち向かえるまでは回復出来たかな。

 

 これからは鬱のことよりも頭の整理だったり、楽しいことなどを書いていくつもりだし、気にしないことで、棘も抜け落ちて綺麗な花を咲かせたいと思う。